和漢彩染(わかんさいせん)ヘアカラー☆ お客さまの感想

こんにちは ハローのやなぎです。

いつもありがとうございます(*´∀`*)

 

今日は和漢彩染(わかんさいせん)ヘアカラーをしている方々がどのように感じていらっしゃるかをお伝えしようと思います。

 

ハローにご来店の皆さまの中で、私が担当させていただいているお客さまは、『カット』と『ヘアカラー』を同時にする方の割合が一番多いです。

 

 

その中でも、低刺激で人気のヘアカラー・・・

自毛より少し明るく&ハーブで色つけする『和漢彩染(わかんさいせん)』という名前のヘアカラーが7割を占めるようになってきました。

和漢彩染ヘアカラーは、髪に色をつけることを植物の色味で行うので、かなり頭皮や髪に優しいのです。

 

4年近く前からやり始めたこの和漢彩染ヘアカラー、お客さまのニーズにあっているのでしょうか?

 

カラー剤を作っているメーカーの主張する特徴は・・

☆ ツヤが出る、手触りが良くなる。

☆ 染めた毛と、新しく生えてきた髪の毛の境目が目立ちにくい(白髪も)。

☆ おしゃれ染めの感覚で白髪もきれいに染められるなど・・・・・・ということ。

実際お客さまからもこのような感想をほとんどの方からいただき、びっくりします(苦笑)。

だって、誇大広告が多い世の中、使用している側が【本当にそうなんだ・・・】と感じられるということは、

私にとってはとても大切な要素です。

 

 

 

そしてイオニートトリートメント(頭皮と髪をプロテクトする)をしながら和漢彩染で染める方(全体の8割の方)からの感想は

◎ 頭皮の痛みをほとんど感じないで済むようになった。

◎ 今までは染めた後はしばらく頭皮の調子が悪かったが、このヘアカラーにしてからはほとんどトラブルを感じない。

◎ 以前より髪質が良くなったと思う。

◎ もう何回も染めているけれど、髪を綺麗に保つことができている。

という感想をいただきます。

私から見ても、髪質が良くなり、からみにくい、しっかりしてきた、色艶がいい、手触りがいい、という他に、

トリートメントを繰り返す人はトラブルがほとんど出ない、地肌のダメージがかなり少ない、と感じています。

 

これは、体へのダメージを少なくするために『空きっ腹で薬や強いお酒を飲まない』事と同じような原理で、

既にダメージのある髪や頭皮にたっぷり栄養を与えておくことで、ダメージを最小限に抑えるイメージでしょうか・・。

しっかりその結果を感じます♡

 

 

さらにスキャルプエステ(頭皮のクリーニング&トリートメント)をしながら和漢彩染をする方の感想は・・

● 髪がしっかりしてきた。前より太くなったと思う。

● 髪に張りが出てきた。

● 髪が絡まなくなった。

● パーマとヘアカラーを一緒にできるようになった。

などという感想をいただきます。

スキャルプエステをする方は、頭皮と髪をすごく大切にしたい、または頭皮にトラブルがあって、ケアしながら染めたい方が多いです。

そのなかでも高齢で毛が細くなっているためにボリュームが出にくかったり、分け目やつむじが割れてしまうという方、毛が細くて地肌が透けてしまうという方でも毛質が変わり、年齢(多くは60代~80代の方)であきらめる必要はないのだな~と感じます。

そして頭皮にトラブルがありがちな方も、染めても頭皮の状態がひどくならないということを感じます。

 

和漢彩染が人気なのは、【効果が実感できる】というところでしょうか・・。

私が感じるのは、 「傷めない」 & 「いたわる」 ことで、改善を狙っているからかな・・。

今までやってきた 『髪を傷めないため』の対策 の多くは、

「いたわる」ことにフォーカスした対策 が多かったように思います。

今できる限り【髪と体の立場に立って守る】ことで、

健康美を大切に思う人たちの髪と体をしっかりサポートしていると思います♡

 

 

明日は和漢彩染と、今まで使ってきたヘアカラー剤の「仕組み」の違いをお伝えする予定です。

 

本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

月別アーカイブ